会社概要

ご挨拶

この度は当ホームページをご覧いただき、先ずは心より御礼申し上げます。

お陰様で明治35年(1902年)の創業より、120周年を迎えました。これも偏に関係各位の皆様からのお引き立ての賜物と深く感謝申し上げます。

当社は、昭和3年(1928年)に大蔵省専売局より業界最古参の葉たばこ乾燥機メーカーとしての指定を受けて以来、乾燥機の開発・製造・販売を主軸とした事業展開を行い、高度な温湿度管理技術を蓄積して参りました。

当社の乾燥機は、食品・農林水産物用乾燥機としては全国初となる「優秀省エネルギー機器表彰」を受賞し、その省エネルギー性能が高く評価されてきました。この他にも、内閣総理大臣表彰制度「ものづくり日本大賞」、文部科学大臣表彰制度「科学技術賞」、経済産業大臣表彰制度「はばたく中小企業・小規模事業者300社」の受賞に加え、経済産業省による「地域未来牽引企業」選定、農林水産省による「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」選定、国際連合工業開発機関(UNIDO)東京事務所による「STePP(Sustainable Technology Promotion Platform)」に技術登録されるなど、長年に渡る乾燥技術の研究開発実績は国家機関・国際機関からも高い評価を頂戴し、更なる技術革新の可能性を秘めたものとして期待されています。

私どもはこれらの研究開発で得た知見を技術開発への活用のみに限定することなく、乾燥加工を通じた地域産業の振興に貢献していくことを目指しております。乾燥加工は原料の高付加価値化と同時に、商品の保存・輸送面に大きなメリットがあることから、地域産業振興の有効な一手段として大きな注目を集めるようになりました。

山口市と共同で進めている「山口市役所かんぶつ部」の取り組みは、定住自立圏の確立を目指す国内初の事業として総務省の認定を受け、乾燥という技術を軸に乾燥食品や薬用植物(漢方・生薬)、和紙といった様々な商品開発を通じて地域の振興に貢献しています。このような社会性の高い取り組みや技術開発の姿勢が評価され、2015年には皇太子殿下(今上天皇)による御視察の栄に浴し、社員一同大きな励みとなっております。

乾燥機、乾燥加工、6次産業化に関して様々なノウハウと実績がございます。
皆様からのあらゆるご相談・お声掛けをお待ちしております。

「キハラの乾燥で、感動。」をスローガンに、お客様と社会にとって価値のある企業を目指して邁進して参ります。今後とも末永くお引き立てを賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

株式会社木原製作所
代表取締役社長
木原康博 署名